西洋占星術の本の紹介や基本的な勉強内容からホラリー占星術などアドバンス的な占星術の紹介をしています

天体の位置を知るために考えられたのが、12サインです。
日本語では星座宮と呼びます。

実は空を見上げると、12星座以外にもたくさんの星座があって、「なぜ12なの?」という疑問がでてくると思います。占星術では太陽を通る軌道を「黄道」と呼びますが、この黄道に位置するのが、12星座なのです。

黄道は1周360度ありますが、これを30度ずつ区切って、出来上がったのが、12星座になります。ところで、実際の12星座は、この30度づつ区切られた場所に位置しているわけではありません。便宜上そのように作ったわけです。

黄道の0度に位置するのが牡羊座で、ここを起点にして12サインが30度づつ割り当てられています。順番が変わることはなく、次のような星座宮があります。

牡羊座, 牡牛座, 双子座, 蟹座, 獅子座, 乙女座,天秤座, 蠍座, 射手座, 山羊座, 水瓶座, 魚座

(勉強していくうちに自然に覚えると思いますが、学校ではこの順番通りに暗記するように勧められます。)

12サインの名称の次に覚えるのが、12サインの記号です。

ご覧になったことがあると思います。

学校では、どの記号がどの星座かすぐに言えるまで暗記します。
そうしないと、ホロスコープが作れないし、読むことも難しいでしょう。

各12サインの内容を一つ一つ勉強していく前に、サイン区分を勉強して、大雑把に各サインがどんな性質をもつのか勉強します。

各12サインの性質について、本に書いてあることを全て暗記する必要はありません。
各サインの特徴を自分の言葉で説明できるようにするのが、勉強の目標です。
短所と長所を自分なりに説明できればよいと思います。

最後に各サインのキーワードを簡単に説明します。

牡羊座:主張
牡牛座:所有
双子座:選択
蟹座:感じる
獅子座:演ずる
乙女座:分析
天秤座:調和
蠍座:熱望
射手座:冒険
山羊座:利用
水瓶座:解明
魚座:信じる

<<< TOPへ|<< 占星術の勉強に戻る|<< 星術についてサイン区分 >>