占星術で未来を予知する方法の一つとして、天体の逆行と順行に着目する方法があります。

生まれたときの天体の逆行がどのくらいあったのかによって運命傾向を占う方法がありますが、トランジットで天体が逆行、順行するときにも何らかの影響があるということから注目されています。

その手法はまちまちですが、ひとつ例を挙げると:

ネイタルの水星が逆行している人の場合、トランジットで水星が逆行し始めると調子が良くなるとの研究も発表されています。

天体の順行と逆行については個人だけでなく、政治、社会、マーケット市場など、マンデン占星術でも使用されます。

以下に逆行する天体について書かれた書籍を紹介します。


Retrograde Planets: Traversing the Inner Landscape
by Erin Sullivan 第1版2000年
洋書ですが、Kindle版がありすぐに読むことができます。本文だけでも400ページを超え、かなりのボリュームと内容です。

主に
◆逆行のメカニズム、留・逆行の周期など
◆ネイタル天体の逆行の意味
◆トランジット天体の逆行とネイタル天体へのアスペクト
◆セコンダリープログレッションと逆行


The Art of Predictive Astrology: Forcasting Your Life Events
By Carol Rushman 2002/1/1

ほんの一部ですが、逆行する水星・金星・火星・木星・土星・天王星・海王星・冥王星が示す意味について書かれています。

筆者が実際に体験したことを説明していて説得力があります。


未来予知法へ




サイト内検索