占星学 新装版
初版は1995年2月。その後2017年に新装復刊された大ベストセラーの1冊です。

ホロスコープの解読については、ハウスに在室する天体の意味とネイタル天体同士が作るアスペクトについて説明してますが、総合的な読み方についてはありません。

★各サインの天体の意味が詳しい
太陽のサインで、1サイン30度をさらに3つに分割して、第1旬、第2旬、第3旬毎の性格を説明しています。水瓶座と魚座の冥王星の意味のみありません。

★各ハウスに入室した天体の意味が詳しい
どのように解読していくかという観点から、まず読み方の説明が1ページほどあって、次に各ハウスの天体の説明があります。10天体以外のドラゴン・ヘッドドラゴン・テールパート・オブ・フォーチューンにも言及されています。この章の最後に、カルミネートする天体の意味が詳しく説明されています。
★未来予知の解読手順
プログレス法では、1日1年法を使用しています。プログレスと、トランジットをどうやって組み合わせて、解読するのか簡潔な説明があります。プログレスとトランジットどちらも、ネイタルに対して作るアスペクトの説明があります。プログレスは主に、内惑星が作る座相で、トランジットは外惑星が作る座相の説明です。

アスペクトについては、合・吉・凶座相の説明になります。ドラゴンヘッドとドラゴンテール、ASC、MCとのアスペクトの説明は、他の本にあまり見られないので、参考になると思います。

ホロスコープの作成では、天文歴の選び方や入手法と手順が詳しくあります。新装版は不明ですが、1995年に出版された本には天文歴はなく、毎年の平均恒星時表と東京の室項表があります。


占星学 新装版

占星学 基本の本一覧ページへ