ホラリー占星術は、質問に対してYES,NOなどと、簡単に答えられる占術で、質問者の生年月日などは不要です。通常、個人の運勢などを占う際は出生図を使用しますが、ホラリー占星術では、質問された時間や、質問の出来事が起こった時間を使用してホロスコープを作成します。チャートの解読は出生図の解読とは異なり、ホラリー占星術独特の技法があります。

ホラリー占星術で占えること

ホラリー占星術では、「失くした物がでてくるか」「あの人は戻ってくるか」などを、Yes・Noで答えたり、「どこにいるか」とか、「無くしたものはどこにあるか」など、「場所」や「方角」、そして「いつ」という質問にも対応します。

人間関係では、「相手はどう思っているのか?」「これから彼とどうなっていくのか?」など。例えば相手の誕生日が分からなくても、占うことができます。

その他、「今夜19:00から始まった試合はどちらが勝つか」「朝5時に打ち上げられたスペースシャトルは成功するか」など、スポーツの勝敗から選挙の勝敗まで占える内容は様々です。

ホラリー占星術とハウス

ホラリー占星術で占えることは、基本的には12ハウスの事柄に対応しています。個人の出生図とほぼ同じ意味になります。次のようなことが占えますが、これらは一例になります。

  • 1ハウス:質問者自身のこと
  • 2ハウス:所有物
  • 3ハウス:兄弟・近隣・旅行・学習
  • 4ハウス:家庭・住居・不動産・母親
  • 5ハウス:恋愛・投機・ギャンブル・趣味
  • 6ハウス:病気・仕事場
  • 7ハウス:結婚相手・ライバル
  • 8ハウス:遺産・夫の持ち物
  • 9ハウス:外国・専門知識
  • 10ハウス:キャリア・父親
  • 11ハウス:友人・願望
  • 12ハウス:隠れたもの(敵や陰謀、災難など)

ホラリー占星術でどのように占うのか?

まずは、占う事柄が表すハウスを決める必要があります。上記の「今夜19:00から始まった試合はどちらが勝つか」「朝5時に打ち上げられたスペースシャトルは成功するか」はどうなるでしょう?

「今夜19:00から始まった試合はどちらが勝つか」は、1対1なら、1ハウスと7ハウスで見るのが通例です。どちらを1ハウスにするかは、決まりはありません。サッカーの場合は本拠地の方を1ハウスに、ボクシングはタイトル保持者を1ハウス、というのが多いです。または、東の方を1ハウス、西を7ハウスとする場合もあります。

「朝5時に打ち上げられたスペースシャトルは成功するか」は、スペースシャトルを打ち上げる団体が1ハウス、スペースシャトルは9ハウス。

こうして、考えたハウスについて見ていきます。

「今夜19:00から始まった試合はどちらが勝つか」は、1ハウスと7ハウスの状態を見て優勢な方が勝つと判断します。

「朝5時に打ち上げられたスペースシャトルは成功するか」は、9ハウスの状態と、1ハウス、そして1ハウスの希望が叶うかどうかというところで、11ハウスも見ます。

ハウスの状態をどのように見るかは、ホラリー占星術独特の技法を使って占うことになります。

ホラリー占星術と出生占星術の違い

ホラリー占星術と、個人のホロスコープの解読とは異なる点を紹介します。

  • ホロスコープの時間・場所
  • ハウス:主役は誰か?
  • ボイドタイム
  • アスペクト
  • 天体の品位や逆行

ホロスコープの時間・場所

出生図の場合は、生まれた時の時間と場所でホロスコープを作成します。ホラリーで「今夜19:00から始まった試合はどちらが勝つか」という質問の場合は、19:00と試合場所を使用してホロスコープを作成します。

ところが、ホラリーで失くしたものを占うときはどうすべきでしょうか?例えば、「ダイヤの指輪をどこかになくしてしまったが、どこにあるか?」という質問の場合。ホラリー占星術ではホロスコープの時間と場所を決めるのに、コツがいります。通常は、失くしたことに気が付いた時間や占ってみようと思った時間、質問の内容を理解した時間を使用します。

ハウス:主役は誰か?

出生図の場合は、1ハウスが生まれた人そのものを表しています。ところが、ホラリー占星術で、「相手はどう思っているのか?」という質問の場合はどうでしょうか?この場合「相手」が質問者とどういう関係なのかで変わってきます。通常は質問者が1ハウス。「相手」は夫なら7ハウス、友人なら11ハウス、恋人や好きな人なら5ハウスまたは7ハウス。

ホラリー占星術では質問に出てきた人や物がどのハウスに対応するか、まず先に決めなくてはいけません。

ボイドタイム

ホラリー占星術を行う上でボイドタイムは重要な要素です。ボイドタイムの基本的な意味「ボイド中に起こったことは無になる。」ということが利用されます。ホラリーの質問に対して「何も起こらない」「変わらない」という答えになります。

ただし、月の在室サインによっては、例外があると「ウイリアム.リリー(ホラリー占星術の考案者)」は言っています。
ボイドタイムについてはこちらのページを参考にどうぞ:ボイドタイム

アスペクト

関係するハウスとそのハウスに在室する天体、またはルーラーが相互に作るアスペクトがホラリー占星術の重要な判断材料となります。そして、アスペクトを見る際には特別なルールがあります。

出生図のリーディングで天体同士がつくるアスペクトを見るときは、オーブを考慮します。ところがホラリー占星術ではオーブではなく、接近か、離反かを考慮します。離反のアスペクトは過去の出来事として扱い、接近がこれから起こることとします。また、接近のアスペクトではあるが、片方が今いるサインを抜けるまでに正確なアスペクトを作らない場合、占い結果が変わります。

これは一例ですが、ホラリー占星術のルールとして細かい決まりがあります。
尚、使用するアスペクトの種類は第一種のみです。

天体の品位や逆行

アスペクトと同様に、天体の品位や逆行にもホラリー占星術独特のルールがあります。通常、品位や逆行は、出生図のリーディングではあまり重要視されません。しかしホラリー占星術で、天体が質問内容を表している場合、品位が悪いと、状態が悪いと判断されます。また、逆行については、「意に反している」や「能力を発揮できない状態である」などという判断をします。

上記の「今夜19:00から始まった試合はどちらが勝つか」の場合、1ハウスに在室する天体の品位が悪ければ、7ハウスの方が有利になります。最終判断には、品位だけでなくアスペクトも考慮する必要があります。


また、ホラリー占星術では、質問に関連するハウスのみを使用して、その他は見ないというのが基本ルールです。

以上、出生図とホラリーの判断の違いを見てきました。上記以外にも細かいルールや、方角や時間の見方などがあります。

ホラリー占星術には特別なルールがありますが、考案されてから何百年も経過しています。その中で、少しずつ変化したり、独特のルールを設ける占術家もいます。

まずは、古典的なルールを学び、実際に起こった出来事と、ホロスコープを対比させ自分なりに解釈を編み出していくのが学習の方法かと思います。

ホラリー占星術の本をこちらにまとめました:ホラリー占星術の本

ホラリー占星術に似た占星術でイレクショナル占星術というものがあります。ホラリー占星術は起こった事に対して占うものですが、イレクショナル占星術は「これから事を起こす場合いつがよいか」最適な日時を選択するための占いです。別途ページを設けていますので、そちらを参考にどうぞ:イレクショナル占星術

<<< TOPへ|<< 占星術の占い範囲に戻る




サイト内検索






当サイトのコンテンツで不明点などありましたらお気軽にツイートでお知らせください。