医療占星術

古来から天体と人間の体には何か関連があるとされてきました。(ケーシーリーディングではサインと体の部位の重要性がよく語られています。)紀元前、占星術家が医者や薬剤師だった時代があるくらいです。医療占星術は、個人のホロスコープからその人の体の弱点や強化すべきところを探し出したり、原因を突き止め病気やけがを治そうとするものです。

医師免許を持たない占星術家が、医療行為を行うことはできません。しかし、ホロスコープが示す体のウィークポイントを占ったり、病気になりやすい時期を占うことは可能です。

占星術では出生図からその人の健康具合や、体調の起伏の時期を予想することができます。その人に合ったダイエット法や健康法などの占いは、よく目にすると思います。基本的には、出生図のアセンダントや、太陽のサインをもとに、どのような体質なのかをみて、トランジットする天体とのアスペクトで、適した健康法などを占ってます。

医療占星術の実際

医療占星術では、10天体と12サイン、そしてアスペクトを見て総合的にホロスコープを解読します。10天体と12サインには受け持ちの体の部位があります。太陽や、ASC、凶のアスペクトが多くある天体とサインが体の弱点になり、強化の必要な部位になります。
一例ですが、サインが受け持つ体の部位を紹介します。

10天体と体の部位

  • 牡羊座:頭部
  • 牡牛座:首・喉
  • 双子座:両腕・両肩
  • 蟹座:胃
  • 獅子座:心臓
  • 乙女座:腹部
  • 天秤座:腰
  • 蠍座:生殖器
  • 射手座:もも
  • 山羊座:膝
  • 水瓶座:くるぶし
  • 魚座:足首から下

医療占星術関連の本

メディカルアストロロジー入門


メディカルアストロロジー入門―身体と心の健康を占星術で読み解く
著者は英国の占星術家ワンダ・セラーで、2010年に日本語に訳された本です。
入門とありますが、占星術の基本(12サイン、10天体、ハウス、ホロスコープの作成など)の説明はありません。占星術の基本をマスターした後に読む本です。

ある病気の患者のホロスコープを例に、どういう体質か、どこが弱いのかという解説をしています。病気名など専門用語が多数出てくるので、気軽に読める雰囲気ではありません。医療知識があっても占星術の知識がないと、難しそうです。

例題や、参考文献が多数掲載されています。
ホロスコープの解読ステップ、アスペクトのない天体についての説明や、外科手術に向いた日、ボリュームのある内容です。

ゆっくり読み進めれば、ホロスコープから読み解く健康について、より知識が深まるかもしれません。