占星学メソッド/大橋雅宏著

「占星学メソッド」は2000年に出版された本です。潮島郁幸先生主宰の日本占星学研究所で学び28歳からプロとして活躍、それから17年後に出版された本になります。約17年間の氏の占術や考えなどが収められた本です。サブタイトルにあるようにネイタルの判断からホラリーの応用まで書かれていて、占いのプロがどのように鑑定を行っているのかが垣間見れる1冊と言えます。



占星学メソッド―ネイタルの判断からホラリーの応用まで

「占星学メソッド」が参考にした書籍

実占に役立つテクニックを幅広く取り上げたという氏が参考にした文献は、次の方々が出版された本とのことです。(順不同・敬称略)

  • 石川源光
  • 岡庭加奈
  • 潮島郁幸
  • 訪星珠

「占星学メソッド」の内容

実占での基本的な考え方

第1章では、占星術の本に書かれていることについて、実占で使えるか使えないか、どのように取り扱えばよいのかなど氏の考えが説明されてます。例えば、格式、デカネート、逆行、インターセプトなど。

在室惑星の意味

各ハウスに在室する天体の意味が実占で得た事柄を交えながら説明されてます。ハウスに複数の天体が在室する場合や、インターセプトの場合についても簡単ですが氏の考えが述べられてます。

アスペクトについて

アスペクトについては特に実占で影響のあると思われるもののみ説明があります。また、パラレルについて触れられてます。

感受点について

感受点についても実占で必要かどうかなどの説明があります。例えば、ノード、小惑星、アラビックパート、リリス、恒星など。

運勢の時期判断

時期判断の手法として、トランジット、プログレス、リターンの利用の仕方について説明があります。その他、ミッドポイントとハーフサムについても触れられてます。

相性について

相談で多い事柄の一つに相性があるということで、男女のオーソドックスな相性の見方についての説明があります。

ホラリーについて

最後にホラリーについての説明があります。「占星学メソッド」全体を通して説明がメインで、実例が少ないですが、ホラリーについては6例を取り上げて説明されてます。

ホラリーの法則については、独自の手法も取り入れて簡潔に紹介されてます。箇条書きになっているので分かりやすいです。



占星学メソッド―ネイタルの判断からホラリーの応用まで