西洋占星術の入門書。初心者でも分かりやすく、順を追って学習ができる本。適度な文字数で簡潔に説明されているので読みやすいです。ホロスコープを解読するための基礎知識が書かれています。本格的なホロスコープの勉強の前の段階に。尚、こちらの本には続編もあります。

続編の『続・基本の「き」目からウロコの西洋占星術入門』の紹介ページはこちらです。


基本の「き」目からウロコの西洋占星術入門

当サイトの「占星術の勉強」ページで紹介している10項目を基準に、どの項目について掲載があるか調べました。

1. 占星術とは・歴史など
★4ページほどに簡潔にまとめられています。

2.12サイン
★12サインを一覧表にして長所と短所で説明。

3.サイン区分
★2区分、3区分、4区分の説明あり。

4.10天体
★各天体が示す事柄が説明されています。

5.感受点
★ASC,MC,IC,DECの4点の説明があります。なお、ASCはASNと掲載されています。

6.アスペクト
★メジャーアスペクトと呼ばれる0度、60度、90度、120度、180度のほかに、30度と150度の説明もあります。

7.ハウス
★1ハウスから12ハウスまで各ハウスの説明があります。

8.ホロスコープの作成
★ホロスコープの作成手順はありませんが、ホロスコープの各要素の説明があります。続編にも同様の説明があり、この章だけ重複してます。

9.未来予知
★なし

10.ホロスコープの解読
★ホロスコープの解読という章があります。まずはここから始めましょうということで、ホロスコープ中の天体の配置と天体のサイン分布がどのようになっているのかで大局を掴む方法が説明されています。


上記10項目に加えて、次の事柄が書かれています。
★複合アスペクトについて(グランドトラインなど)
★ホロスコープの解読の一環として、アングルサイン(ASCとDEC、MCとICのサイン)の組み合わせによる解読と太陽と月のサインの組み合わせによる解読法が説明されています。


基本の「き」目からウロコの西洋占星術入門

続編の『続・基本の「き」目からウロコの西洋占星術入門』の紹介ページはこちらです。




サイト内検索






当サイトのコンテンツで不明点などありましたらお気軽にツイートでお知らせください。