天体の位置を知るために考えられたのが、12サインです。
日本語では星座宮と呼びます。

実は空を見上げると、12星座以外にもたくさんの星座があって、「なぜ12なの?」という疑問がでてくると思います。占星術では太陽を通る軌道を「黄道」と呼びますが、この黄道に位置するのが、12星座なのです。

黄道は1周360度ありますが、これを30度ずつ区切って、出来上がったのが、12星座になります。ところで、実際の12星座は、この30度づつ区切られた場所に位置しているわけではありません。便宜上そのように作ったわけです。

12星座は順番が変わることはなく、次のような星座宮があります。

牡羊座, 牡牛座, 双子座, 蟹座, 獅子座, 乙女座,天秤座, 蠍座, 射手座, 山羊座, 水瓶座, 魚座

(勉強していくうちに自然に覚えると思いますが、学校ではこの順番通りに暗記するように勧められます。)

12サインの名称の次に覚えるのが、12サインの記号です。

ご覧になったことがあると思います。

学校では、どの記号がどの星座かすぐに言えるまで暗記します。
そうしないと、ホロスコープが作れないし、読むことも難しいでしょう。

次に各12サインの内容を一つ一つ勉強していく前に、サイン区分というものを勉強します。
(次ページのサイン区分を参照してください)

各12サインの性質について、本に書いてあることを全て暗記する必要はありません。
各サインの特徴を自分の言葉で説明できるようにするのが、勉強の目標です。
短所と長所を自分なりに説明できればよいと思います。

最後に各サインのキーワードを簡単に説明します。

牡羊座:主張
牡牛座:所有
双子座:選択
蟹座:感じる
獅子座:演ずる
乙女座:分析
天秤座:調和
蠍座:熱望
射手座:冒険
山羊座:利用
水瓶座:解明
魚座:信じる

さて、ここでサインに関する必須の知識があります。

サインは黄道360度を30度づつ区切って12等分にすると説明しましたが、
問題なのは「牡羊座がどこから始まるのか」です。

この牡羊座の0度の位置を決める方法として占星術には2つの方式があります。
サイデリアル方式とトロピカル方式です。

紀元前125年頃にギリシアのヒッパルコスによって歳差運動が発見される前までは、12サインの基点である牡羊座が0度になる位置は一定していました。星座ではなくある恒星を目印としていたようです。これをサイデリアル方式といいます。

歳差運動によって春分点が後退していくことが発見されたときに提唱された方法がトロピカル方式になります。毎年の春分点を牡羊座の0度としました。これを移動春分点と呼びます。サイデリアル方式の場合は固定春分点と呼びます。

西洋占星術ではほとんどの場合後者のトロピカル方式が採用されていますが、両者を使い分けていたり、またはサイデリアル占星術と呼んで、サイデリアル方式を使っている占星術者もいます。

トロピカル方式が誕生した後もサイデリアル方式を継承しているのがインド占星術です。

21世紀現在、トロピカル方式とサイデリアル方式ではおおよそ1サインズレていますので、どちらの方式を使用するかによって異なる占い結果がでるのは間違いありません。自分が乙女座だと思っていたらもしかしたら獅子座かもしれないのです。

日本で販売されている天文歴のほとんどはトロピカル方式で天体位置を掲載しています。そのため、もしサイデリアル方式を使用したい場合、ヒントとなりそうな方法を別ページに設けましたので参考になればと思います。

トロピカル方式とサイデリアル方式

<<< TOPへ|<< 占星術の勉強に戻る|<< 占星術についてサイン区分 >>




サイト内検索