占星術や数秘術の本の紹介や基本的な学習内容などを紹介してます

ホロスコープを作成する際、出生時間と場所が必要になってくるのは、このハウスを決めるときです。

ハウスは、ホロスコープを作る上で重要な要素の一つで、これがあるのとないのでは、占い結果は随分変わってきてしまうと思います。

このページでは次のような項目についてご紹介します。

12ハウスの意味
ハウスの区分
ハウス分割法の種類
ハウスの解釈

12ハウスの意味

ハウスは全部で12ハウスあります。1ハウスから12ハウスまで、それぞれ、具体的な領域が割り振られています。12サインは、その人の自我や感情、愛情がどのような性質なのかを示していましたが、12ハウスは、具体的な事柄を示すようになります。
以下は個人の出生図で使われる各ハウスの主な意味です。
1ハウス:出生図の持ち主そのものを表す
2ハウス:もともと備えているもの(才能)やその人の持ち物
3ハウス:基礎学習環境
4ハウス:住まい・家庭
5ハウス:与える愛・愛情を注ぐもの
6ハウス:健康状態・日常生活・労働環境
7ハウス:対人関係・敵、味方
8ハウス:配偶者やパートナーなど他者の持ち物
9ハウス:高等教育
10ハウス:公の生活・社会的地位
11ハウス:受け取る愛・精神的に結ばれる人間関係
12ハウス:見えないもの・精神状態

ハウスもサインと対応しています。1ハウスは牡羊座で、2ハウスは牡牛座という具合です。

ハウスの区分

サインの2区分、3区分、4区分という考え方がありますが、ハウスにも区分があります。

1,4,7,10ハウスは重要で、アンギュラーといい、ここに天体が多く占めていると、強いチャートだと判断します。2,5,8,11ハウスは、サクシーデントといい、3,6,9,12ハウスをキャデントと、いいます。これらをつかって、チャートを作成して全体をみるときに、だいたいの傾向をつかむことができます。

ハウス分割法の種類

ハウス分割には、さまざまな方法があり、少なくとも50種はあると言われています。代表的なものには、イコールハウス、プラシーダス、コッホがあります。日本では、プラシーダス方式が多く使われています。

これらの使い分けは、まず出生時間が不明かそうでないかということと、出生地がどこなのかによります。使う人と国によって、どれをメインにするか分れているようです。

出生時間が不明の場合は、統計によると出産時間が明け方が多いことから、5時とか6時に設定したり、または、その日の日の出時刻を使うケースがほとんどです。日の出時刻を用いる場合はソーラー方式といい、ソーラーサイン方式と似ていますが、前者はアセンダントと同じポイントになります。

ちなみに、雑誌などの星占いでは、太陽星座をもとにした占いがメインで、ハウス分割は太陽星座を1ハウスとして考える、ソーラーサイン方式が採用されているケースが多くを占めます。

ハウスの解釈

ハウスについて、注意しておきたいのは、占う事柄によってハウスの解釈が変わってくるという事です。各ハウスの基本的な意味が変わることはありませんが、使用される言葉が占う対象によって変わるのです。

例えば、出生図と始原図ではハウスの解釈が変わります。経済や企業を占う場合にも、違う言葉が使われるようになりますし、ホラリー占星術でもその解釈が異なります。

具体的に例をあげると、出生図の1ハウスはその人そのものを表しますが、国を占う時はその国そのものの状況が表されます。マンデン占星術で使われる四季図の1ハウスは国民を表します。

<<< TOPへ|<< 占星術の勉強に戻る|<< アスペクトホロスコープの作成 >>