西洋占星術の本の紹介や基本的な勉強内容からホラリー占星術などアドバンス的な占星術の紹介をしています

アスペクトとは、天体(感受点)同士が作る座相のことです。英語では、Aspectとつづり、様相、角度、向き、相などという日本語に訳されますが、占星術ではアスペクトと呼びます。

2以上つの天体が、ある位置関係に置かれた時、関わる天体の状態が座相の種類によって良くも悪くもなります。

例えば、牡羊座にいる水星は、積極的な話し方をする人だと判断したとしますが、この状態が良い意味に傾くかどうかは、他の天体から受ける座相次第なのです。

この場合、水星が火星と合になっていれば、熱意のある話し方が吉とでたり、過熱して興奮しやすくトラブルになりがちなど吉凶混合になります。水星が土星とよい座相のときは、地道で建設的な交渉力がよい結果をもたらしやすいという具合になります。

このページではアスペクトについて次のような事をご紹介します。

アスペクトの分類
アスペクトの種類
特殊なアスペクト
アスペクトのオーブ
解読の優先順位
ノーアスペクト
アスペクト中心の書籍

アスペクトの分類

アスペクトには種類がいくつかあり、分類方法にも数種存在します。

よく説明されるのが、第一種と第二種そして特殊です。

第一種は、メジャーアスペクとも呼び、0度、60度、90度、120度、180度の5つありますが、150度も第一種と考える占星術師も少なくありません。

第二種は、マイナーアスペクトと呼び、あまり重要視はされませんが、タイトなアスペクト(下のオーブを参照)の場合、リーディングの際考慮します。また、未来予知でプログレスを利用する際は、マイナーアスペクトが活用されることが多くあります。第二種には30度、45度、135度、150度などがあります。

特殊アスペクトにはパラレルがあります。最近の占星術の本にはほとんど説明がありません。

その次に分類されるのは、ハードアスペクトソフトアスペクトです。
これは、そのアスペクトの影響力がハードなのかソフトなのかで分類しています。

ハードアスペクトには、強度があり大きな影響力がある 0度、180度、90度があります。

ソフトアスペクトにはその影響が徐々に及んでソフトである、120度、60度があります。

アスペクトの種類

アスペクトには概ね次のような種類があります。(この他にも存在します)

コンジャンクション:0度(とても強力な影響がある)
オポジション:180度(強い影響がある)
スクエア:90度(強い影響がある)
トリン:120度(スムーズで穏やかな影響がある)
セクスタイル:60度(スムーズな影響がある)
インコンジャンクト:150度(やや強い影響がある)
セミスクエア:45度(やや強い影響がある)
セミセクスタイル:30度(ややスムーズな影響がある)

特殊なアスペクト

特殊なアスペクトというのは、上記の分類の中の特殊なアスペクトではなく、複合的なアスペクトのことです。例えば次のようなものがあります。

グランドトライン:3つの天体が120度を作りあっている。
グランドクロス:2つのオポジションがクロスして形成される。
T字クロス:1つのオポジションに90度が加わってT字に形成される。

この他、ヨード調停という特殊なアスペクトがあります。

ホロスコープの全体を解読する際に、これらのアスペクトがあるかないかまずチェックするためとても重要です。

 

アスペクトのオーブ

座相にはオーブという考え方があります。例えば、ピッタリ120度というのは、高効果ですが、あと5度、10度で120度という場合もあるわけなのです。その場合に使われるのがオーブ(つまり許容範囲です)ですが、これに関しては明確なルールがあるわけではありません。

太陽や月を絡む座相に関して多くのオーブをとる場合や、接近なのか分離なのかによってもオーブを変えることもあります。メジャーアスペクトはオーブ8度でマイナーアスペクトはオーブ3度など、占う人によってさまざまです。これは、ある程度経験して、ちょうどよいところを自分なりに探していくしかなさそうです。

座相も奥の深い項目です。最初に述べたように、まずはさらりと全体を勉強し、再度この項目について深く勉強していくのがよいと思います。

 

解読の優先順位

ホロスコープ上には様々なアスペクトが表示されます。

例えば、恋愛運を見るのに通常金星のアスペクトに着目しますが、いくつもアスペクトがあった場合、一体どこから手をつけたらよいのか迷います。基本的には一つ一つ丁寧に解釈していくことになりますが、優先順位としては、強力なアスペクトから読んでいくことになると思います。

強力なアスペクトというのは、影響力のあるアスペクトなのか、オーブはどのくらいか、そしてアスペクトを作る天体がベネフィックなのかマレフィックなのか、によります。

ノーアスペクト

書籍には、メジャーアスペクトを一つももたないのがノーアスペクトと説明していたり、どんなアスペクトも全くもたないものをノーアスペクトであると説明しています。オーブをどのくらいとるかによってもノーアスペクトになるかどうかが左右されるため、定義の難しい項目です。

 

アスペクト中心の書籍

最後に、アスペクトを中心に解説した本を紹介します。

アスペクトのみで、出生図を解読し、性格・適正・金運・愛情を占います。未来予知では、トランジットする天体(太陽と火星を含めた外の天体)がネイタルに対してアスペクトを作るときの説明があります。ハウスにいる天体の意味や、サインにいる天体の意味はありません。
筆者のホロスコープ解読のスタイルはアスペクト中心で、アスペクトによって個人の性格や未来、相性を占うもので、ハウスを取り入れることはもともとないようです。アスペクトのみを集中して研究されてきているので、個々のアスペクトの解説には、参考になることが多いです。ノーアスペクトの解釈について簡単な説明があります。

増補改訂版が2003年に発行されましたが、私の手元にあるのは、1995年に発行された本です。そのため差分など分りませんが、1995年発行の本を紹介しますと…、

2天体がアスペクトを形成するとどのような性質が現れるのかという大雑把な解説がまずあります。自分で意味を考えたいときの参考になります。

0,180,90,60(120)、150度の個々の説明があります。60度と120度は同じ説明です。また、ノーアスペクトの天体毎の説明があります。

アスペクト以外の基本的な占星術の説明が詳細にあり、手元に置いておきたい1冊です。

アスペクトの説明が参考になった本(多くのページを割いて説明しているなどというわけではなく短くても参考になった本です。)

辞典なので、占星術用語が事細かく記載されています。アスペクトの個々の説明もあり、参考になりました。
150度(インコンジャンクトまたはクインカンクス)について、第一種のアスペクトと考える占星術家が多く、最近気になっていて、調べたところ、このアスペクトの説明も面白かったです。
タイトルからは、月を中心にした本のように思えますが、チャート解読のための説明も多くあります。

アスペクトの項では、2天体のアスペクトで月が絡むとどうなるのかというのと、3天体絡むアスペクトの中に月があるとどう解釈できるのかという、細かい説明があります。

前者は、月と各天体と0,60,90,120,150,180のアスペクトを形成した時の説明。月を含んだ複合アスペクトをどう読み解くのかという解説になります。

<<< TOPへ|<< 占星術の勉強に戻る|<< 感受点ハウス >>