占星術や数秘術の本の紹介や基本的な学習内容などを紹介してます

英語ではMundane Astrology。Mundane の意味を調べると「平凡な、ありふれた、世事の」で、ラテン語で「世界の、地球の」と出てきます。直訳すると「世事占星術」または、「地球の占星術」になるのでしょうか。世事だと、”世間一般のさまざまなことを占う”ことかもしれません。概ね次のような分野を占うと思います。
*経済・景気
*政治・外交・貿易
*気象(天災・地震も含む)
*災害・事故

この中で、気象についての占いは注意が必要です。日本では、天気などの予報は気象予報士の資格がないとできないためです。研究の一環として、発表するくらいはできますが、定期的に予報をすることはできないのです。

半年、1年先の天気を知りたいという需要はかなりあると思います。事実、アメリカなど、法規制のないところでは、ホロスコープを使って天気を占っているケースがあるようです。

マンデン占星術で使用するホロスコープには次のものがあります:
1.始原図(出生図)
2.四季図
3.月相図
4.イングレス図
5.会合図

株価についてはこちら:
株価やFXと占星術

マンデン占星術に関する書籍はこちら:
マンデン占星術関連書籍


1.始原図(出生図)
出生占星術では、個人が生れた時間のホロスコープを使いますが、日本について占いたいというときは、国の誕生した時間や、国の代表者の誕生日時を使います。問題となるのは、いつ誕生したか定義しがたいことです。少なくとも日本の始原図として3つ異なるものが存在していますので、何が根拠になっているのか確かめる必要があります。

特に、歴史が古い場合、1500年前後の日付の場合ですが、その日付が21世紀で使われているグレゴリオ暦の日付か、ユリウス暦の日付なのか確認してください。国によって改暦日も異なります。


2.四季図
四季図は春分、夏至、秋分、冬至の4種ありそれぞれ太陽が牡羊座0度、蟹座0度、天秤座0度、山羊座0度にイングレスする正確な時間で作ったホロスコープをいいます。

考え方として、春分図が1年間を表し他の四季図は補足程度という意見、春分図のASCサインによって有効期限を決める考え、4つの四季図を平等に使用する考えなどがあります。


3.月相図
四季図と同時にまたは単独で月相図を使用します。月相は、新月、上弦、満月、下弦の4つあり、それぞれ太陽と月が合(横径)、90度、180度となる正確な時間で作られたホロスコープです。場所は四季図も同様ですが占いたい場所を使います。

月相図の場合も新月と満月のみ使用したり、全て使用するなど占者によってまちまちです。

月相図の中でも新月と満月のとき月食、日食になるときは重視されます。その効力も見解が分かれますが、日食は3年~4年と影響度が高いとする意見が多いです。

この新月と満月はマンデン占星術以外にも個人の占いにも使用されています。特に個人の太陽や月、ASC、MCに合となるときに何らかの影響があるとされています。


4.イングレス図
天体が次のサインに入る瞬間をホロスコープにしたものをイングレス図といいます。
マンデン占星術では特に動きの遅い3つの天体、冥王星、海王星、天王星が使用されますが、天気を予測する際に、風(水星)の強度をこのイングレス図で占うなどの事例もあるため決まりはありません。

このサインについては、サイデリアル方式かトロピカル方式かによって異なる占い結果となりますので注意が必要です。

5.会合図
土星と天王星の会合など、外惑星同士が合や衝を作るときのホロスコープを会合図といいます。
全て組み合わせれば10通りとなるため一体どの天体同士が経済や政治に関わっているかが占いのカギとなります。天体の意味とサインの知識が必要です。

例えば、土星(政治)と木星(経済)の合が起こるのが約20年おきのため、この会合図を短いスパンの経済の指針となるといわれています。


いろいろな専門用語がでてきましたが、奥の深い分野で、決まったルールはありませんが、方法論は多数存在します。

尚、株価やFXにも占星術が使われていますが、手法としてはホロスコープの解読よりも天体同士が作るアスペクトが使われることが多いようです。

また、占星術だけでなく数秘術も利用されています。その一つにフィボナッチ数列があるということです。(参考書籍:数秘術大全

アメリカの占星術家、レイモンド・A・メリマン氏は有名この分野で有名で、日本でも氏の書いた記事が一時的でしたが日本語に翻訳されホームページで公開されていました。
今現在でも英語サイトの方には、毎週予想記事が掲載されています。


マンデン占星術に関しては、日本ではごくごく一部です。というか、専門書として販売されているのは数冊で、雑誌の記事に少し掲載される位でしょうか。以下にマンデン占星術に関する書籍を紹介します。

実習 占星学入門―ホロスコープの作り方と読み方

応用 占星学入門―ホロスコープの実際と応用

:石川源晃著

マンデン占星学について、勉強になる内容です。気象や地震そして、前兆についても述べられています。どのように研究されているのか見習い、自分でも研究を進めたいというのによいと思います。また、この本に続く「調波 占星学入門」にも、マンデン占星学について触れられています。

この分野に興味がありましたら、4冊全て購入された方があとあとよいと思います。

「社会占星学 訪星珠著 1985年」という本が1986年に販売されましたがこれは入手困難のようです。内容は、気象・地震・経済、株価、景気・社会的事故などです。特に気象占星学について、詳しく解説されています。天体とサイン、ハウスの象意一覧があります。地震については、この本や、石川氏の本を元にどのように研究すればよいかの指針が見つかると思います。

日本の将来を占うとき、始源図が必要ですが、日本の場合は特定が難しいようです。「いつなのか」というところで、候補は数種あり、この本には、その経緯の説明が詳細にあります。結果的に、その後に日本に起こった事柄から、候補を定めていくしか方法はなく、どれを使用するかは占星術家にゆだねられるようです。
ただし、大日本国憲法の公布時間が使われることは、歴史的にいってないようです。この始源図が使われるのは、第二次大戦後の憲法改定で無くなりました。

為替相場に長く携わった筆者が様々なテクニカル分析に加えて占星術を用いることになった経緯から占星術の基本的なことを手短に紹介しています。
上記の会合図で説明した土星・木星の会合についての言及もあります。付属にホロスコープ作成ソフトの「Stargazer」が添付されていますが、バージョンが古いため、天文歴がつかえるのかと、インストール自体てきるかどうかが疑問です。

ソフトは別に、「新版 Stargazerで体験するパソコン占星学」などを使って、ノウハウの部分を参考にされるとよいと思います。

その際に、金融占星術に付録のCDに255銘柄やナスダックなどのチャートを作るためのもととなるデータファイルがありますので、これをコピーして「新版 Stargazerで体験するパソコン占星学」をインストールしたフォルダに置けば使用することは可能です。

大暗界―ハードアスペクト占星術」秋月 智朱著まずはトランジット天体のアスペクトだけを調べて研究してみたいというとき、ほとんどの書籍は個人向けに書かれたもののためマンデン占星術には不向きですが、こちらは個人向けと社会向けに説明があるので、ヒントになるかもしれません。

アスペクトの種類についての言及はありません。例えば土星と木星が何らかのアスペクトを作っているときの個人または社会に及ぼす影響と実際にいつ何が起きたのか、近い将来のいつ頃起こるのかが(出版当時の2003年基準で)書かれています。
例えば、株価が暴落したとき関わったとされる天体などが分かります。

この本の本来の趣旨とは違う使いかたとなりますが、複数天体が関わる場合の解読の参考になります。書籍後半の天文歴は2003年から2013年までなので、別途天文歴などが必要です。

洋書ですが、マンデン占星術と言えばこの本「Mundane Astrology」。3人の著書が1冊になっています。1.Mundane or National Astrology by H.S.Green 1911年
2. Paphael’s Mundane Astrology
3. An Introduction to Political Astrology by C.E.O.Carter 第1版1951年

出版は2004年ですが、各書籍が出版されたのは上記のとおり古く、1.2については冥王星が発見される前のことだったため冥王星の言及がありません。(2については明記がありません)1、3については単体での販売がありますが、内容はこの本と同じようです。3冊が1冊になっているのでボリュームとお得感があります。

肝心の内容はというと、1,2ともマンデン占星術で使用するホロスコープについて、天体の会合、コメットの説明と、各天体の意味、ハウスに在室する各天体の意味、月食・日食、地震の説明。

3はも1,2と同様にマンデン占星術で、月食・日食、グレートコンジャンクション(天体の会合)、冥王星の説明もあります。面白いのは水瓶座時代はいつなのか、という記事。

Eclipses: Predicting World Events & Personal Transformation (Special Topics in Astrology)洋書(英語)になります。日蝕と月蝕のみに書かれた本です。
食については個人向けに書かれた本が多い中こちらはマンデン占星術がメインに書かれている貴重な本です。

◆日蝕と月蝕が世界にどのような影響を与えてきたのか、そして未来はどうなるのか(2020年についてふれています)。

◆食と12サインの4区分について。

◆個人にはどのように影響するのか - 食がネイタル天体にアスペクトする意味。

ホロスコープや事例が多く、詳しく研究されているのが分かります。

こちらは日本語訳の本。「マンデン占星術で読む日本の未来予言 by Michael Mercury」ハウツー本ではありませんが、マンデン占星術で使用する天体とハウスの意味があります。

日本の始原図をいつの日付で作るのか候補を挙げて解説。
興味深いのはスーパームーンについて。
今までスーパームーンのときどんな影響が起こったのか調査しています。

<<< TOPへ|<< 占星術の占い範囲に戻る