西洋占星術の本の紹介や基本的な勉強内容からホラリー占星術などアドバンス的な占星術の紹介をしています

東京湾大華火祭が8月11日に行われました。

この日は、朝から猛暑で、「場所取りする人は大変だなぁ」
と、思っていました。

この日の月のトランジットは、朝7時頃から夜10時まで
乙女座でボイドになるので、この花火大会はどうなるのだろうと
関心がありました。

花火大会を実施するかどうかの決定とその通知は、当日の朝に
行われるようで、この日は何時に決定したのかは不明ですが、
7時前の決定ですと、ボイド前しかも、金星との合なので、
決定して実行開始したことが良い結果として終わることを
暗示しています。
ただし、7時以降に変更や新たに決めたことは、無になることも示しています。

なので、決定時間が気になるところですが、天候をみる月相図はというと、直近の8月7日の新月図が使用できます。

雨の様子もなく平和な感じです。
結果的に、天候に左右されることなく無事終了したようです。

ところで、新月図の5Hと11Hにいる木星と冥王星の衝が
どんな意味があるのか気になります。
5Hの冥王星は、今まで水面下にあった物事が一気に表にでてくることを意味して
11Hの木星(議会)がそれを過剰なまでに煽るようです。

それと、新月は12Hで起こっています。国民の見えないところでなにか
新しいことが始まっているのでしょうか?
獅子座の太陽は品位がよいので、悪いことには思えませんが…、
何かを発表することに関連がありそうです。

尚、この新月図は次の新月までの9月5日までが有効で、
その間の上弦、満月、下弦も加味して予測すると言われています。
春分図が1年間を暗示するように、新月も次の新月までを暗示するという見解ですが、これについてははっきり分りません。

[執筆2013年8月12日]